安い学資保険 月5000円に入る

安い学資保険 月5000円に入る

 

 

評判の学資保険を比較

 

月5000円くらいの学資保険に入りたい人。
安い学資保険に入りたい人向けですね。
どのような保障内容になるか、
学資保険で有名なソニー生命とフコク生命の学資保険をシミュレーションしてみます。
最近、月々の負担が軽い(月5000円〜1万円)学資保険が流行っています。

 

JA共済、郵便局の学資保険は元々掛け金が安いのですが、民間でも安い学資保険が出てきました。
保険相談する場合は「月額5000円の支払で、返戻率105%以上の学資保険を提案してください」と言えば、いくつか候補を出してくれます。その中から選ぶとよいです。

 

【スポンサードリンク】
安い学資保険 月5000円に入る

 

ソニー生命の学資保険スクエアは、月額5,584円(総額1,474176円)の支払いで、160万円受け取れる内容です。

 

  ソニー生命 学資保険スクエア フコク生命 みらいのつばさ
月払い保険料 5,584円 5,922円
払込み総額 1,474,176円 1,279,296円
祝い金・満期 受取総額 1,600,000円 1,400,000円
返戻率(利回り) 108.5 % 109.4 %
内容

22歳払済、22歳満期U型、
80万円を2回

18歳払済、22歳満期、
70万円を2回受取

 

ソニー生命は口コミは少ないですが、返戻率が良いです。
人気があります!
利率が良いので、払った保険料より戻りが少ない商品ではありません。
利回りとしては107%を超えている商品を選びたいものです。

 

 

月5000円台の掛け金ですと、
子供が大学、専門学校進学時に全てを満たし切ることは難しい金額ですが、
進学金の補助になることは間違いありません。

 

学資保険は、大体200万円を10年〜18年で貯めるのが基本なので、
保険料は大体1万円台です。
毎月の支払いを5000円にするとなると、学資受取金を100万円にして、
保険料を5000円台にするという計算になります。

 

 

無理なく18年払い込めるか?が大切

 

学資保険に加入する時、月々の支払を確実にできるか?考えることが大切です。

 

払い込み完了期間まで18年ほどの長い期間です。その間に経済状況が厳しくなり、学資保険を解約すると損します。保険料が丸々戻ることはありません。

 

将来の自分を助けるために学資保険に入るわけですが、18年間支払いに苦しんで、解約することになった、、、では加入する意味がありません。

 

そのために、信頼できる保険のプロ(ファイナンシャルプランナー)に相談してみることが一つ参考になるのです。

 

 

年収300万円と年収800万円では掛け金が変わる

 

世帯年収によって、いくら余裕があるか?掛け金をねん出できるか?、、、変わってきます。

 

お子さんが赤ちゃんのときに比べて、成長していくにつれて出費が増えます。

 

学校 費用
小学校 習い事、塾
中学校 制服、部活動用品、塾、私立中学
高校 制服、部活動用品、塾、私立高校

 

このように、お子さんが成長していくにつれてお金がかかります。
この間、毎月の保険料を払えるか?検討することが必要です。
児童手当を学資保険に当てることも考えられます。

 

大学入学の18歳、20歳に学資保険満期金を受け取る設定にできます。どちらがよいか考える必要があります。

 

これをプロのファイナンシャルプランナーに相談して意見を聞くことも有効です。

 

学資保険のデメリット

 

デメリットとしては、返戻率がそれほど高くないことが挙げられます。

 

保険料一括払いしたとしても、18年後に107%前後しか返ってこない点です。総額で100万円納めて、107万円返って来る計算です。

 

20年前に90円で売っていたスポーツ新聞が今140円。物価上昇率は1.5倍。物価上昇率に追いつけない可能性もあります。

 

 

安い学資保険 月5000円に入る

 

 

結論:お得な学資保険、特典プレゼント

 

ソニー生命、フコク生命、JA共済、明治安田生命、日本生命の学資保険がよい評判で有名です。
学資保険に入ると、18年〜20年ほどの長い付き合いになります。
つぶれない保険会社で、かつ、返戻率がよい学資保険を選ぶことが大切です。

 

ソニー生命の学資保険は、会社自体も健全経営で、商品が分かりやすいのでおすすめです。
特典で、抽選でソニーのデジタルビデオカメラ、ダイソンの掃除機を抽選でもらえる企画があるので、相談してみるとお得です。
その抽選も200名なので、高い確率で当選します(当サイトからの申し込みで当選した人がいます)

 

【スポンサードリンク】
安い学資保険 月5000円に入る

 

 

学資保険 相場 月1万円〜2万円くらいにしたいのページに進む