学資保険 年末調整 税金控除を受ける

学資保険に入っている場合、税金控除を受けられます。
年末調整の時に申告します。

 

生命保険料控除(学資保険はココに区分されます)に関しては、
この金額を記入するだけです。
新制度(4万円まで)と旧制度(5万円まで)があるのですが、
最大で5万円まで控除されます。
こども保険の控除

 

年末調整記入

 

例えば
生命保険料+医療保険料+学資保険料 = 13万円となった場合は
13万円分記入する必要はありません。
この場合で言うと、70,488円を記入すれば良いです。
5万円を超えるように記入しておけば良いのです。
5万円を超える金額を書いてもムダな作業になってしまいます。

 

学資保険 年末調整 税金控除を受ける

 

旧制度の頃から保険に入っていた人は、5万円分所得が引かれて
税金計算されます。

 

生命保険料控除 5万円を申告すると、
所得税が15%、住民税10%、健康保険10%
所得税    7500円
住民税    5000円
健康保険料 5000円
合計     17,500円

 

申告すると、17,500円税金が安くなるという計算になります。
申告しないと、支出が1万円増えることになります。
申告は面倒かもしれませんが、申告すると戻って来るお金が増えます。

 

学資保険 月5000円に入るのページに進む